マルコ公式WEB SITE

プロフィール

Vo.礼を中心に前身ユニットとなる「ギースパープル」としてサポートメンバーを入れ2012年より活動開始。
2014年9月7日に正式メンバーを迎え入れ「マルコ」として本格始動。
2017年9月10日高田馬場AREAにて行われた単独公演を以ってRutta、恭平が脱退
2018年4月26日1st Full Album「ららら」リリース

詳細 >>

GOODS

●月替り物販購入特典●

2018年5月の物販特典はレア集合フォトです



詳細 >>

twitter

@jone_NMNL なんとかなるはずです('∀')
8時間前

@chn_kun91 頑張るε=ε=ε=┌(o゚ェ゚)┘
8時間前

マルコスタジオおつでした! てか膝の違和感がそろそろ限界なので病院行かなきゃな! ワンマンは変人パワーとアドレナリンパワーと鹿さんパワーでなんとか平気だっけどこりゃだめだ('ω'乂) 病院あまり行かないからこぇー(;´༎ຶٹ༎ຶ`) 鹿さんパワー全開で挑むぜΨ(・ω・ )Ψ
16時間前

これからマルコスタジオ! 頑張りましょうΨ(・ω・ )Ψ https://t.co/wbMUdUvBLM
20時間前

SHOWROOMお疲れ様です。 遅い時間なのに観てくれた皆さんありがとうございます! また配信する時は是非観てくださいねー\( ˙꒳​˙ \三/ ˙꒳​˙)/
1日前

191件中   1 - 3 件表示 ( 全 64ページ )  ページを表示
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

akiraです。2017行く年来る年エロイムエッサイムの巻。

どうも僕です。こんにちは。


今日で2017年も最後
最後の最後までLIVE尽くしでいられるのはバンドとしてとても幸せな事ですね
ありがとうございます。これを見てくれている全ての方々のおかげです



今年を振り返ろうにも様々な事がありすぎて文章にまとめる自信がありません
その都度にツイッターやブログ、ショウルームやMCで心情は吐露して来ました

その時の気持ちはその時にしか感じられないものだから
今の尺度で思い返して見ても、きっと違う景色として見てしまうんでしょう


耐えきれない程の焦燥だったはずが、今となっては笑って話せるようになっていたりその逆もまた然り
人の感情などなんと都合のイイモノかと不毛に感じれども、その時に触れた世界、空気、音に嘘はないわけで



今年の一月にはRuttaから脱退の相談を受けていました
そして少し時間を置いて恭平から同じように


三人になってからのこの三ヶ月は怒涛の毎日でした
感情を全て引き受けると言って
誰も置いていかないと言いました


新曲のペースを早めました
脱退ワンマンでつけた5人のマルコへのケジメとして少しでも早く景色を変えないとと思いました
それで良くも悪くも君は迷いがなくなる
去るにせよ残るにせよ
そこにいるからには、僕らを求めてくれてるのであればもっと心から楽しんでくれないと僕たちも楽しくないんだよ


口だけなのは嫌だったけど
実際はどう映っていたんだろうと


言葉が欲しい時だってある
提示する側だけど、与えてばかりじゃ辛くなる事もある
そう弱くなってしまう時もあるけど、か弱く儚くとも確かなモチベーションと捨てる事が出来ない野望が僕を突き動かす


VOLTAGEも来年の1/12以降はマルコだけととても身軽になります
三人になって色々と積み重ねていく上で学んだ事、変わった事


責任逃れとかそんなつもりだったわけじゃないのは僕の在り方で伝わってると思う
そういうバランスと自分の立ち位置が理想だったけどちょっと変えてみる



もう影はやめだ
誰かを待つのもやめだ

マルコの上手をどこにもない世界に仕上げましょう
ステージもフロアも
他は勝手にやってくれ


僕は僕の道をいく


それじゃまた。よいお年を。

2017-12-31 12:00:24投稿者 : マルコ
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

マルコ卒業

2017 9/10 高田馬場AREA
「変人万歳」ツアーファイナル
3周年記念ワンマンライブ

お越し頂いた変人達!
本当にありがとうございました!
無事に卒業できました
物凄い楽しかった!
最高に幸せな忘れられないライブになったよ!

脱退発表してから、9/10までがあっという間に感じました。
ありがたいことに、卒業までライブ本数もいっぱいあり、変人達と過ごせる時間が多いことに感謝でした。
3年間の思い出は、良いことも苦しく辛いことなど数えきれない
その1つ1つがかけがえのない思い出です。

ワンマンツアーも本当に楽しかった!!
バンドとしても自身としても初の事だったので1番思い出深いかな
曲も沢山演奏でき、楽器隊によるこのツアーの為に演奏した「鹿肉カマゴン」
俊亮君とのリズムセッション
濃厚な時間だった
カウントダウンも始まり、メンバー皆で長い時間を過ごすのも最後かと噛み締めながらのツアーでした

各地でのやり残した事もできたしね笑
楽しくて仕方なかった


そして、いよいよ9/10 卒業の日
入りしてメンバーに「おはよう」って挨拶して、いつも通りの事にも泣きそうになってしまった笑
リハーサルして、準備して本番
最後に円陣を組み、気合いがさらに入った。
SEで登場した時の変人達の熱伝わってきましたよ!
1曲目の「9mm Go Round」が始まった時の爆発感、最高だった!
どの曲もこれが最後かという気持ちになりそうだったが、あの空間はそんな事など忘れて楽しい気持ちになれたよ

過激恭平 爆発した!笑
最後はRuttaさんとWで!
超気持ちよかった笑
絶対あれは皆忘れないでしょ?
いい意味でぶち壊しました!
余興タイムもマルコらしく楽しかったなぁ

その後の中盤辺り途中なんどか泣きそうになるのをこらえてましたが、やっぱり無理でした…
思い出がフラッシュバックしすぎて、やばかったよ
脱退コメントはもう気持ちが溢れすぎて涙が押さえ切れなかったです。
沢山の思いは、あの日のドラムに全てぶつけたよ
アンコールラストの「Uzumaki」
変人達の良い表情、叩いていて一番気持ちよかった!!

最後、ステージを去るときに「恭平!」と呼んでくれた沢山の変人の声
全身にしっかり響いたよ
ありがとね!!


お越し頂いた関係者、旧友、友人達
ありがとう!
各地のライブハウスの皆様、本当にお世話になりました。どの場所も素晴らしい箱でした!またいつか遊びにいきますね

VOLTAGEレーベルのGAMEOVER、篠突く雨、そしてスタッフの皆様、始動から卒業までいつも本当にありがとうございました!


礼さん、akiraさん、Ruttaさん、俊亮君
この5人でマルコの活動ができたこと、誇りに思います!
沢山迷惑かけたけど、本当に楽しい時間をありがとう!
akiraさん、最後まで本当にありがとうございました。花道しっかり歩けました!


変人達!!!!!
マルコを好きになってくれてありがとう!
変人達のおかげで、3周年を迎える事ができたよ!!
感謝しきれない…
後は任せたよ!
マルコは超カッコいいバンドです
胸を張って言える
この先のマルコの事、宜しく頼むよ!!
全力で応援してよね!
さらにカッコいいバンドになっていくと思う!!


沢山の方たちのおかげで、あの日笑顔で卒業できました!
3年間本当にありがとうございました!!!
夢のような時間だったよ
変人達に5人のマルコがしっかり刻まれてくれたなら幸せです。

2017 9/10 あの日の最高の景色
一生忘れません

皆様お体には気を付けて元気に笑顔でね!!
本当にありがとうございました!!!
マルコ、変人達に幸あれ!

またね!バイバイ!

恭平


2017-09-12 15:01:09投稿者 : マルコ 恭平
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

ありがとう。Rutta

去る先日9月10日、高田馬場エリアでのファイナルワンマンが終わりました。
色々な声を聞きましたが、自分でも過去最高、史上最高といっても過言ではないくらいのライブだったと思っています。
もう声が出なくなってもいい、倒れて立ち上がれなくてもいいってくらいに高揚し気付いたら涙が頬をつたう瞬間もありました。


マルコ3周年、そしてセイゾンノシルシリリースツアーのファイナルでもありました。
今回のライブで僕と恭平君は脱退という形になりましたが、最後にこのような最高の花道を用意してくれたakiraさんに本当に感謝しています。

そして何より、最高の空間時間を共に過ごしてくれた変人の皆様、駆けつけて下さいました関係者の方々、ライブハウスのスタッフ方々、マルコのスタッフ、そしてマルコメンバーに感謝してもしきれない想いでいっぱいです。



マルコを始めてから3年が経ち、マルコとしては231本のライブをしてきました。
ひとつのバンドでこれほどの本数をこなした事がなく、遠征に行った回数やリリースの回数、ワンマンをした回数も一番です、3年間という時間の中でこれほどの経験をできたことはとてもとてもかけがえのない事だったと思います。
思い出深いライブは数あれど、一番印象的なのはやはり先日2017年9月10日のライブです。


改めてこれまでもたくさんの声をありがとう、たくさんの笑顔をありがとう、支えてくれてありがとう、僕からの想いの丈は伝わったでしょうか。
これほどの胸が熱くなって感動的で燃え尽き全てを出し尽くせたライブはこれまでなかったです、人生の中で一番最高で最強なライブでした。
それもこれも高田馬場エリアという空間にいた皆さんのおかげだと思っています。
本当に感謝してもしきれないです。
言葉で伝えるのは難しいかもしれないですが「ありがとう。」心の底から伝えたいです。



途中のアコースティックライブでは、最後の最後に新曲を披露という形になってしまいましたがマルコへ、そして変人の皆様への僕からのほんの気持ちでした。
一度きりの披露だったので記憶に残らないかもしれませんが2017年9月10日に「街」という曲が披露されたという事実だけは揺らぎません。
皆さんの胸の中にそっとしまっておいてください。



これからのマルコは3人になってしまいます、しかしながらマルコというバンドはなくなるという事ではありません。
礼・akira・俊亮という3人のメンバー、それから変人に全てを託しました。
これからのマルコはどうなっていくのかは分かりません、ですがその目でその耳で今後のマルコを感じていって欲しいです。
変人は変人のまま、変人らしくいてもらいたいです。
それから僕の作った曲は全てマルコに捧げました、それらの曲がどのように育っていくかという事も含めてマルコを見守っていってもらいたいです。
変人であるからこそ、どのような状況も乗り切る力が備わっているのではないかとも思います。
一筋縄ではいかないことも多い事でしょう、しかしながらマルコはそのような事では揺るがないバンドだと思っています、何事にも負けない底力を持っていると信じています。
変人の皆さんの居場所がなくなる事はありません、そう約束してくれたマルコを今後ともよろしくお願いします。



最後にメンバーへのコメントを書きます。

礼さん
今まで本当に長い時間共に過ごし音楽を語り合い共にステージに立つ事ができて最高でした。
ステージ上で見る礼さんの姿は類まれなるボーカリストとしての輝かしい姿です、これからの活躍に期待しています。
共に音楽を生み出す事ができて作品を沢山残すことができて幸せでした。
音楽の事もそうでない事も、語り合った日々を忘れる事はありません。

akiraさん
共にステージに立ち、共にギターを奏で合う事ができて最高でした。
それに良き理解者として相談に乗ってくれたり話しを聞いてくれて安心する事ばかりでした。
色々と託してしまった事が多く、重荷となってしまう部分も多いかと思いますがakiraさんだからこそ託せる事ばかりです、これからもコンポーザーとしてギタリストとしてマルコを支えていって下さい。

俊亮君
同じ下手組としてずっとステージに立ってきたけどこれからは下手は1人になってしまうね、だけど今の君ならきっと大丈夫だと信じているよ。
ベーシストとしてももっともっと成長して行って欲しいしマルコのベーシストとして自信を持って挑んで行って欲しいと思ってます。
共に笑い合ったりした日々はかけがえのない思い出だよ。

恭平君
3年間マルコとして一緒に活動してきて、同時期の卒業となったけれどもお互いにこれから歩んで行く道の中で自分の思い描く道へと進んで行く事ができるようにと思います。
一緒にステージに立ってきた日々を、恭平君と楽しく過ごしてきた日々をずっと忘れることはありません。
3年間お疲れ様でした。



ありがとう。

Rutta

2017-09-12 01:00:52投稿者 : Rutta
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
191件中   1 - 3 件表示 ( 全 64ページ )  ページを表示
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...