マルコ公式WEB SITE

プロフィール

Vo.礼を中心に前身ユニットとなる「ギースパープル」としてサポートメンバーを入れ2012年より活動開始。
2014年9月7日に正式メンバーを迎え入れ「マルコ」として本格始動。
2017年9月10日高田馬場AREAにて行われた単独公演を以ってRutta、恭平が脱退
2018年4月26日1st Full Album「ららら」リリース

詳細 >>

GOODS

●月替り物販購入特典●

2018年9月の物販特典はありません



詳細 >>

twitter

twitterはまだありません。
59件中   10 - 12 件表示 ( 全 20ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

akiraです。上手のコロポックルの巻

どうも僕です。こんにちは


マルコとしてはお初
個人的には数年ぶりな鹿鳴館でのライブでした


メタルの聖地って事もあり、昔馴染みのイケイケPAさんが創り出す高い天井を活かした突き抜けるようなギターメインの爆裂サウンド、やっぱり大好きですとても気持ちがいい

余談ですがマルコがよくお世話になってる某箱のメインPAさんもかつては鹿鳴館に在籍された方で、いつも僕好みの音に仕上げていただいております
過去には音作りの相談にもいつも乗ってもらっていました


音がいいって言うのはライブハウス選びには結構重要な事で、サウンドの良し悪しで同じ技量、中音作りだったとしても全然違う曲に聞こえてしまう事もあります

残念ながらそんなサウンドにあまり気を使ってらっしゃらないライブハウスさんもある訳で、主催やワンマンは勿論のこと、お誘いいただいたイベントもそのサウンドがネックでお断りする事もあったり


そんな一押し鹿鳴館でのイベントライブだった訳ですが、ツアー中と言う事もあってとても短く感じました
前後をちゃきちゃきイケイケな勢いのあるバンドさんに挟まれたので敢えての哀愁、落ち着いた空気をもってして僕らは僕らの味を少しは残して来れたかなと


沢山の声本当にありがとね
とても心強いよ
今日初めて僕らを知ってくれてすでにこのブログまで辿り着いた方
おめでとうございますもう立派な変人です頭おかしくなってくださいね


ステージが終わって幕がおり
機材を搬出しようとギターアンプをよいしょとどかしたら
鹿鳴館の守り神、上手のコロポックル達がわーと逃げて行きました


驚かしてごめんね
また来るよ


それじゃまたね


2018-09-09 01:27:07投稿者 : akira
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

akiraです。四周年だよの巻

どうも僕です。こんにちは


本日9/7でマルコは4才になりました
なんやかんや色々とありましたが、結果的に無事に周年を迎えてツアーも周れるなんてとても幸せな事ですね


これを読んでくれている濃い変人諸君のおかげであります
本当にありがとうございます


何度も活動を止める理由もタイミングもありました
それでも止まらなかったのはメンバー全員マルコが好きで、マルコのライブが好きで、変人が好きで、一緒に作り上げる空間が好きで
どんな理屈もロジックも吹き飛ばす「好き」だからって言う唯一にして最高の原動力が枯れなかったからだと思います


好きな音楽をやっているのだからそれは当然なのであって、ハマるハマらないって言うのは人それぞれあるかと思いますが誰よりカッコいいモノをやっている自信はあります


例えば麒麟。竹馬に乗る必要はあるんですか?
竹馬のない麒麟なんて麒麟じゃない(竹馬故障時は除く)
竹馬に乗ったお礼さんがまさしく最初にイメージした麒麟です
その「画」ありきで作った曲



例えば眩影。お手玉やフラフープをする必要はありますか?
ライブでのあの時間は言わば流れを止める、流れに逆らう時間
雨ざらし朽ちていく
潮の流れに逆らってでも救われたいと手を伸ばす無色透明な意思


意味なんてなくても知らなくても問題ない
でもせっかく創り上げたモノには意味があって欲しい
せっかくマルコにハマってくれたなら意味を知って欲しい
その意味に乗った上で楽しければ何倍にも曲が輝くと思ってます


やりたい事はまだまだ沢山
時間が足りない
たまに聞くやりたい事がわからなくなったなんてバンドは解散すればいいと思うし、僕らがそうなったら即解散します




ここまで読んでくれた猛者
こいつめんどくセーなって思ってますよね


そうです、僕ややこしいんです( ^ω^ )


色々諦めた偏屈おじさんだけど精一杯まだまだ走るよ
二年前にはこんな可愛い笑顔してたんだぜ


それじゃまたね


2018-09-07 17:33:59投稿者 : akira
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

akiraです。狷(ココロガセマイ)の巻

どうも僕です。こんにちは


まず初めに、北海道で被災された方々の無事を祈っております
1日も早く何でもない日常が戻ってきますように
言葉だけなら何とでも言えますのでいつも通り募金など自分にできる範囲で応援させていただきますね


Twitterでの文字制限に慣れてしまって簡潔に要約する癖がついてしまいましたが、僕は本来ネチネチとしつこく色んな事をだべっていたい畜生でありますから、SNSと言う呪縛から少しだけ逃れてここで定期的に色々と愚痴っていこうと思いました

Twitterでも更新の告知はされますがそこからのワンクリックと言う手間を超えてきた変な人だけを相手するわけでありまして、些か突っ込んだ話もできるのではないかと思っております


お陰様で無事?に座・変人劇場の前半戦が終了しました
基本的にマルコの有料ワンマンには余興と言う名のメンバーそれぞれが芸を披露する時間を設けさせていただいておりますが、今回は僕はギターインストゥルメンタルに挑戦という事で少しでも空いた時間を利用してコツコツと造ってきておりました

いつかはやりたいなと思っていたギターインストなんですが、そのいつかがやっと来たって感じでありまして
事前に告げていたメンバーにも仙台で曲は初めて聞いてもらったわけなんですが、想定通り「イメージと違った」との感想をいただきまして少々ご満悦でございます


軽いスウィングのリズムにマルコでは一切使わないシンセ音
派手な展開はなく若干のブラック要素も含めてのセピア色ロマンス


ショールームでも少し触れましたが趣味100%となってますので完全な自己満タイムであります
今回のツアーで披露している曲は「狷(ココロガセマイ)」
自分の臆病さ、卑怯さ、器の小ささ、嫉妬心、劣等感
開き直らず自分と見つめ合う事は、結果他人に対しても寛容になれるんじゃないかと
その葛藤の行く末が曲のラストを飾るエオリアンからフリジアンとマイナースケールからマイナースケールへの移行、トニックからのクリシェを経て4度転調クリシェ何となくモノ悲しいフレーズが少し優しい感じに聞こえるのかもしれません

僕個人にとって大切な曲の第一弾
もっとマニアックで僕が一番気持ちよくなれる曲を個人的に今後もコツコツ作っていきます
今後も趣味としてこっそりやっていきますよ興味あったら探してみてね


仙台新潟と変人心境からの黄昏サンシェイドを経て屍肉「籠」
大阪名古屋ではガラッと変わると思います
初披露の時の黄昏サンシェイドからの夕轟の流れは確かにそれだけで一つの物語になってて、情景が浮かびやすいと思います
雨潸潸、雨は病み、雨路。マルコが歩んできた雨路を表現するのにこれ以上の並びはないと思います
お手玉に持って行かれてますが眩影は何気に歌詞が深い
頭おかしいは僕にとってマルコの、変人のキーワードだから

どれもこれも外したくない曲ばかり
それでも限られた時間内で収めるには取捨選択
0.1度でも体温が上がるような組み合わせを練って、後半の名阪に挑みますね



次回更新は意外とすぐかも


それじゃまたね

2018-09-06 15:13:21投稿者 : akira
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
59件中   10 - 12 件表示 ( 全 20ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...