マルコ公式WEB SITE

プレイヤー

プロフィール

Vo.礼を中心に前身ユニットとなる「ギースパープル」としてサポートメンバーを入れ2012年より活動開始。
2014年9月7日に正式メンバーを迎え入れ「マルコ」として本格始動。
2017年9月10日高田馬場AREAにて行われた単独公演を以ってRutta、恭平が脱退

詳細 >>

GOODS

●月替り物販購入特典●

2017年12月の物販特典は日替わり特典です



詳細 >>

ONLINE SHOP

CD、グッズ等を通販で自宅へお届け!

VOLTAGE ONLINE SHOP
http://store.shopping.yahoo.co.jp/voltage-onlineshop/

詳細 >>

twitter

最高に興奮したぜ└(└ 'ω')┘ https://t.co/ilqkpwGg4l
1日前

改めてタイトルが分かって聞いてみたけど俺には 「○○○○」の印象が強くて本当の「○○○○○」はなんかしっくりこないな(∵`) 俺の中では○○○○! でもこれからは○○○○○!って言うようにしよう(☝ ˘ω˘)☝
3日前

RT @mamamamamarco: 2017.12.21 池袋手刀公演はタイムテーブル公開可となっております マルコは20:00〜からの出番となります(30min) https://t.co/BWxzjcsDi8
3日前

RT @mamamamamarco: 11月物販特典「自撮りセトリ」を期限までにお申し込みいただいたお客様全員にお届け致しました。 沢山のご応募ありがとうございました。
3日前

RT @THE_VELVET_info: ★タイムテーブル公開★ ■12月21日(木)池袋手刀 THE VELVET主催 「真夜中のサーカス 第二十八怪」 -濃い人たちのクリスマス- 出演:THE VELVET/マルコ/THE NOSTRADAMNZ/Carpe diem…
3日前

190件中   19 - 21 件表示 ( 全 64ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

恭平でございます 72

こんばんは

久々のブログ
ご無沙汰です。


3月、4月と2マンを経て、いよいよ「雨路」のツアーが始まった

3月は「雨潸潸」
4月は「その闇に雨有り」
そして、5月「雨路」


「雨」というコンセプトで綴った三部作
この作品が完結編「雨路」です
本日発売となりました



お手にとって頂けたら幸せ
もう手にしてくれた方、あ・り・が・と
マルコを気になってる方、一度聞いてみて下さい
はまると思いますよ
気に入ってくれたら変人の仲間入りですね

楽曲もMVもとてもカッコいい仕上がり!
自信を持って皆様に届けることができました

礼さんの歌詞を色々イメージしながら楽曲と共に楽しんでね




9日の初日、お越し頂いた皆様ありがとうございました! ほんとうに楽しかったよ!!
変人達の笑顔は最高!!

マルコにしか出せないライブ空間もっと突き詰めていくよ
始まりから終わりまでゾクゾク、ワクワク、目が離せないライブ展開を


明日から、仙台・新潟へお邪魔します
常にメンバー全員気合い十分ですからね
周りは気にせず、騒いでいいから!
気にするだけ損
いい意味でやらかしてほしい

こちらもしっかり応えていくから!!
マルコも熱いけど、変人達はもっと熱いはずだからね


宜しくお願いねぇーーーーーーーーーーーー



ワンマンも少しずつ近づいてきてる
各地の変人を引き連れて挑みます!!



後、6月13日 私の聖誕祭イベントのチケットも本日から発売となりました
誕生日の日にライブやるのは人生初
こちらも宜しくお願いいたしますね
宜しくお願いいたしますね


「雨路」よ沢山の方に届けーーー!!

2016-05-11 17:59:49投稿者 : マルコ 恭平
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

akiraです。雨路編ラストスパートの巻

どうも僕です。akiraです。


雨路編が始まり
衣装もセットリストも変化していき
5/9からの主催ツアーでラストスパートとなります


昭和歌謡を匂わせるpianoとアコギのみの「雨潸潸」

「雨潸潸」のオケをバックに雨路物語を語る「その闇に雨あり」

そしてモノトーン、雨、青で物語を表現したMV「雨路」

雨の後に差す木漏れ日たちの讃歌


僕らなりにやりたかった一つの物語を
最後まで全力で表現し走り抜けようとしています


この三部作が世に出たら死んでもいいと言いました
この三部作に限らずいつ死んでもいい心算です
特に僕のような融通の利かず
好き嫌いが激しく
要領が悪く
頭の固い頑固な人間には
それくらいの勢いを続けてようやく一人前くらいだと思います


実体験として
好きになって推してくれる関係者の方々が
ありがたい事に方々にいてくださるので
実際の規模よりも色々と大きく見られがちですが
マルコなんてまだまだ全然ちっぽけな存在です



仕事柄
色んな会場で色んなバンドを見ます
規模が大きいものから小さいものまで
武道館からライブハウスまで
大小関わらずいいバンドって言うのは景色が記憶に残ります

ブレイクからのサビ頭の一発目のアクセントで鳥肌が立ちます

全てが一瞬無音になってその表情がとても眩しく儚い絵として目に焼きつきます


僕らは何人の記憶に景色を残せてるのでしょうか
僕らは何人の鳥肌を立たせられてるのでしょうか
僕らは何人の日常を忘れさせられてるでしょうか
僕らは何人の人生に必要とされてるのでしょうか


別に思い詰めてるわけじゃありません
重い話をしたいわけでもありません
ただ24時間365日
バンドの事だけを考えていると
そんな事ばかり
疑問ばかりが頭を流れる


僕はフロントマンですが裏方でもあるので
夢と超現実の狭間で
発信する言葉が全て嘘に思えて
マルコのakiraとして何も言えなくなる時が多々あります


実数や伸び代や期待値でバンドを評価し予算をつけるわけですが
実数以外でマルコを評価した事はありません
てかできません
なので一番お金はかかってません
メンバーには申し訳ないですが


そんな逆行の中
めげずにコツコツと頑張ってるメンバーを僕は素直に評価してあげたい
自慢のメンバーです
自慢のボーカルです
自慢の楽曲です
自慢のバンドカラーです


どっち目線で物を言ってるのか僕にも謎ですが全部本音です
みんな表現が下手くそなのでマルコメンバーの良さは3割くらいしか伝わっていません
みんな控えめなので格好良さは3割くらいしか伝わっていません
予算も控えめなので知名度も3割くらいしか伝わっていません笑


全メンバーまだまだ覚醒できます
まだまだこんなもんじゃない
そのためには常に過去最高のパフォーマンスをし続けなきゃ無理です
発展途上のバンドは力を抜いた瞬間に終わります
キツイなら辞めればいい
それぞれがやりたいから集まってるわけで
お願いしてやってもらってるわけじゃない
できるできないじゃなくて
やらない奴はとっとと消えてほしい


もっと適当な言葉はあったと思いますが
メンバーの共通認識として
上記の心構えを持つようにしているためか
リハでもライブでも空気張り詰めてます


バンドマンなんて基本的にデキた人間はいません
どこか欠陥人間です
正直全員息がつまってると思いますが
必死になれるのは
今が大事な時ってわかってるからです


必死感なんて出さないほうがいいと思います
スマートで余裕がある方が単純にモテるからです
カッコつけてるのかみんなきっと必死ですなんて表立って言わないので
僕が代わりに全部言いました
残念だったねマルコのみなさん


5/20ツアーファイナル重大発表ありです
とても大事な公演です

一つ願いがあるとすれば
お礼様が声を求めたら誰より大きく声を出してほしい
僕が拳を求めたら誰よりも高く突き上げてほしい



変人の
変人による
変人のためのマルコです



5/9高田馬場からの主催ツアーで騒ぎ合いましょう


それじゃまた。

2016-05-02 21:57:07投稿者 : マルコ
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

akiraです。雨路編ラストスパートの巻

どうも僕です。akiraです。


雨路編が始まり
衣装もセットリストも変化していき
5/9からの主催ツアーでラストスパートとなります


昭和歌謡を匂わせるpianoとアコギのみの「雨潸潸」

「雨潸潸」のオケをバックに雨路物語を語る「その闇に雨あり」

そしてモノトーン、雨、青で物語を表現したMV「雨路」

雨の後に差す木漏れ日たちの讃歌


僕らなりにやりたかった一つの物語を
最後まで全力で表現し走り抜けようとしています


この三部作が世に出たら死んでもいいと言いました
この三部作に限らずいつ死んでもいい心算です
特に僕のような融通の利かず
好き嫌いが激しく
要領が悪く
頭の固い頑固な人間には
それくらいの勢いを続けてようやく一人前くらいだと思います


実体験として
好きになって推してくれる関係者の方々が
ありがたい事に方々にいてくださるので
実際の規模よりも色々と大きく見られがちですが
マルコなんてまだまだ全然ちっぽけな存在です



仕事柄
色んな会場で色んなバンドを見ます
規模が大きいものから小さいものまで
武道館からライブハウスまで
大小関わらずいいバンドって言うのは景色が記憶に残ります

ブレイクからのサビ頭の一発目のアクセントで鳥肌が立ちます

全てが一瞬無音になってその表情がとても眩しく儚い絵として目に焼きつきます


僕らは何人の記憶に景色を残せてるのでしょうか
僕らは何人の鳥肌を立たせられてるのでしょうか
僕らは何人の日常を忘れさせられてるでしょうか
僕らは何人の人生に必要とされてるのでしょうか


別に思い詰めてるわけじゃありません
重い話をしたいわけでもありません
ただ24時間365日
バンドの事だけを考えていると
そんな事ばかり
疑問ばかりが頭を流れる


僕はフロントマンですが裏方でもあるので
夢と超現実の狭間で
発信する言葉が全て嘘に思えて
マルコのakiraとして何も言えなくなる時が多々あります


実数や伸び代や期待値でバンドを評価し予算をつけるわけですが
実数以外でマルコを評価した事はありません
てかできません
なので一番お金はかかってません
メンバーには申し訳ないですが


そんな逆行の中
めげずにコツコツと頑張ってるメンバーを僕は素直に評価してあげたい
自慢のメンバーです
自慢のボーカルです
自慢の楽曲です
自慢のバンドカラーです


どっち目線で物を言ってるのか僕にも謎ですが全部本音です
みんな表現が下手くそなのでマルコメンバーの良さは3割くらいしか伝わっていません
みんな控えめなので格好良さは3割くらいしか伝わっていません
予算も控えめなので知名度も3割くらいしか伝わっていません笑


全メンバーまだまだ覚醒できます
まだまだこんなもんじゃない
そのためには常に過去最高のパフォーマンスをし続けなきゃ無理です
発展途上のバンドは力を抜いた瞬間に終わります
キツイなら辞めればいい
それぞれがやりたいから集まってるわけで
お願いしてやってもらってるわけじゃない
できるできないじゃなくて
やらない奴はとっとと消えてほしい


もっと適当な言葉はあったと思いますが
メンバーの共通認識として
上記の心構えを持つようにしているためか
リハでもライブでも空気張り詰めてます


バンドマンなんて基本的にデキた人間はいません
どこか欠陥人間です
正直全員息がつまってると思いますが
必死になれるのは
今が大事な時ってわかってるからです


必死感なんて出さないほうがいいと思います
スマートで余裕がある方が単純にモテるからです
カッコつけてるのかみんなきっと必死ですなんて表立って言わないので
僕が代わりに全部言いました
残念だったねマルコのみなさん


5/20ツアーファイナル重大発表ありです
とても大事な公演です

一つ願いがあるとすれば
お礼様が声を求めたら誰より大きく声を出してほしい
僕が拳を求めたら誰よりも高く突き上げてほしい



変人の
変人による
変人のためのマルコです



5/9高田馬場からの主催ツアーで騒ぎ合いましょう


それじゃまた。

2016-05-02 21:56:01投稿者 : マルコ
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
190件中   19 - 21 件表示 ( 全 64ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...